モーホー見聞録
ごみ箱
インターネット
バックナンバー
ブックマーク
ブログ内検索


Created by AGJ.
Customized by LOCK☆MAN
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いや~、あっちゅう間に終わりましたね。怒涛のウィーク松本エンド。
松本さん本人のみならず、1ファンの僕としても、今週末はある意味大きな節目でした。

①笑っていいとも
http://www.youtube.com/watch?v=W0VChLD3C9o
http://www.youtube.com/watch?v=aa7xvlhT0h4
http://www.youtube.com/watch?v=7skedYQv5IE

②さんまのまんま
http://www.youtube.com/watch?v=c1fI2BoKO-I
http://www.youtube.com/watch?v=Hv9ZLMcunwk
http://www.youtube.com/watch?v=01UQOLz4SzA

③スマステーション(途中まで)
http://www.youtube.com/watch?v=LbC4T8TfIyE
http://www.youtube.com/watch?v=oTtZw64BBRw

個人的には「さんまのまんま」が一番意義深い対面だったと思いました。
一見和やかに見えますがやはりかなりの緊張感が漂っており、見ているこっちがヒヤヒヤさせられます。

さんまが「お前のことを叱る奴なんかもうおらんやろ」という趣旨の下、時折さりげなく
「対人恐怖症ならお前この世界やめちまえ」
「(映画の内容を明かさないという)お前らしい閉鎖的な考え方だ」
「自分が陰口叩かれるのは大嫌いなくせに、人の悪口は言うよな」
「お前が正しいと思うこと全部が正しい訳じゃないからな」
等々の爆弾を投下しているのがエキサイティングでなりません。
んで、顔真っ赤にして笑って誤魔化しながら浜田の話に逃げよう逃げようとする松っちゃん、、、うーーーん、意義深い。

スマステーションのVTR作った人は、おそらく相ー当ーな松本好きでしょうね。コントのチョイスが的確過ぎる。

んで。

④初日舞台挨拶 6/2 16:30~ @東劇(銀座)
あーー緊張したーーー まじで緊張したーーーー
でも、思ってたほどのオーラは無かったーーww

司会は木佐アナで、松本監督は単独での挨拶。
館内の両脇はカメラやマスコミ関係の人々でごった返しており、入口辺りには高須さんや倉本さんといった放送作家集団も居ました。

松本監督は「取材が多くて多くて」「その質問も多分104回目くらいだよ」と若干お疲れモードでしたが、「トイレに行きたいから巻きで」「(全国で行列ができているのは)吉本が配ったタダ券のおかげだ」「この映画を実の母親に見せたかった」等々、ちょこちょこボケては笑いを誘ってました。
これから見る人へのメッセージとしては、「日本人に楽しんでもらうために作った」「変に肩を張らずに、ふわ~っと見て欲しい」とのこと。
松本監督が退場するとマスコミ関係の方々も皆一斉にはけ、一気に静かになった雰囲気のまま暗転、映画がスタート、、といった流れでした。
以上レポート。

で、肝心の映画の内容ですが、、うーーん、ネタバレ云々以前に、ハッキリ言って一言では表現できないっす。
でも、難解過ぎるとか破天荒過ぎるとかでは決してなく、いつもの松本ワールド全開であることには間違いなくて。だから、良い意味でも悪い意味でも安心したし、ちょっとガッカリもした、、っていうのが率直な感想です。
まあ気になる方は是非映画館でお楽しみ下さい。
てか早く見終わった人と大いに語りたいぜ。


ま、てな感じで、総じてですね。
僕は彼の大ファンであるが故に、彼(と高須さん)のラジオを毎週聞いているのですが、皮肉にも素で喋る彼の話を聞けば聞くほど、ほんまこいつだけは40過ぎにも関わらず大人げが無く、ひたすら自分本位なB型で、大した知識も無いのに文句ばっか垂れやがるわ、、でも、その性格だからこそ、あの才能と相まってあそこまで行けたんだろうなぁ、、とおぼろげながら感じてはいたんです。
んで、その思いが、今週末の一連の騒動でより確固たるものになったというか(特にさんまのまんまで)、「面白いから無条件に好き!」ではなく、ちょっと離れたところから「好き!」と思えるようになったのが、自分の中では結構大きな変化でした。。と、勝手に一皮剥けた気になってます。
「ヘタレが信者集めて勘違いしてる」というアンチ松本派の意見は確かにごもっともではある、しかし、それまでの笑いの概念を根底から覆し、今なお新たなスタンダードを次々と生み出していってる点は純粋に評価すべきじゃね?みたいな。

まええわ、とにかく、そんなこんなを含めても大日本人はやっぱハンパねぇ!!ってことで、見た人は語りましょう。是非!
スポンサーサイト

No.59 2007/06/04(Mon) 07:21
きょうの雑感 | トラックバック:0 | コメント:6

[この記事へのコメント]
エロス雅[URL]
今日見ました!
最後の方にうちの会社が出ててビックリです☆
No.172 2007/06/08(Fri) 03:43[編集]

ますみ[URL]
観ました!!
そして、おきさんの感想っていうか、分析っていうか、を聞きたくて聞きたくてなりません!!!
あと8回くらいは観たいです
No.173 2007/06/09(Sat) 01:03[編集]

.oki[URL]
>雅
おぉ!まじでか!あの辺も出てたんだー
秋葉原、名古屋、川崎、新宿、後楽園、、その次くらいか。ラストかね。いーなー

No.174 2007/06/09(Sat) 12:04[編集]

.oki[URL]
>ますみ
「10人見たら5人が面白いと言い、5人がつまらないと言いそう」っていうのが桜塚やっくんの感想だそうです(笑)
俺もさっさとDVD買ってゆっくり見たいわ。
1回じゃ拾い切れない小ネタが多過ぎるもんね。
あと8回と言わず9回は見ましょう。
No.175 2007/06/09(Sat) 12:17[編集]

isao[URL]
今日見ました。
>良い意味でも悪い意味でも安心したし、
ちょっとガッカリもした
同感です。話すと長くなるので書けませんが・・・
どんな話ですか?なんつって聞かれてたけど、このあらすじを言っちゃったら見た時の面白さ全くなしです。
いや、全くってコトはないけどね。
てか、次回作の話題が出てますな。

No.176 2007/06/09(Sat) 20:47[編集]

.oki[URL]
>isao
次はお涙系だ何だと囁かれてますが、つっても結局あのノリ以外のものは松っちゃんには作れないような気もします。。っていう想いをまた裏切って欲しい所ですね。

参考記事(若干ネタバレ)
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200706/02/ente206415.html
No.177 2007/06/11(Mon) 09:30[編集]

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。