モーホー見聞録
ごみ箱
インターネット
バックナンバー
ブックマーク
ブログ内検索


Created by AGJ.
Customized by LOCK☆MAN
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何故、大阪は「笑いのメッカ」と呼ばれ、老若男女問わず所謂“おもしろい人(自ら笑いを作り出せる人)”が多く存在しているのだろうか。

それは、古くから「大阪は商人の街」であるから。という考え方があります。

商人は相手と金の話をしないといけないのでどうしても利害が絡むことが多く、お互いの関係がしばしばギクシャクしてしまう。
しかしギクシャクしてままでは円滑に商談は進まないので、そこに生じたひずみを埋めるためには、「笑いでごまかす」という手段が非常に有効であった。
だから大阪では笑いが重宝され、一種の文化にまで発展した、と。

一見単純な結論であるように思えるけど、個人的にこれはかなり、真実をズバッと一刀両断しやがった良説であるように感じます。

んで、俺だけでなく色々な人が同じようなことを言ってるけど、“おもしろい人”っていうのは「大阪の人」の他にも結構共通の条件があって、
「コンプレックスが多い」「いじめられた経験有」「基本引き篭り気味」「不細工、あるいはかなりの美男美女」「貧乏、あるいは大金持ち」などなど、、

要するにまとめてしまうと「心の中で、周囲と何かしらのひずみを感じてしまっている人」ってことになると思うんよ。
だから、そこを笑いで埋めることで、相手との関係を良好にしつつ、「他人に良く思われていない」と感じている自分の傷をも癒していると。

つまり、笑いって、人間に最初から備わってたものでは決してなくて、人間関係のヒビを修復し円滑化させるための“薬”として、二次的に生まれたもんなんだろうなぁ、、と。一人で勝手に納得しておる次第であります。

“笑い = 薬”
大阪は笑いを愛する明るい街だ、というよりは、笑いという薬が無ければ殺伐として大変なことになってましたよ、っちゅうこっちゃな。

てことで、病んだら笑いましょう。
気まずくなる前に笑って誤魔化しましょう。
きっとそれが笑いの本来の使い方だね。いえあ


スポンサーサイト

No.49 2007/05/14(Mon) 07:21
きょうの雑感 | トラックバック:0 | コメント:4

[この記事へのコメント]
はっしー[URL]
「笑わせる」と「笑われる」って、あるよね。

「笑わせる」
方が確実に凄い。
流れを自ら作り出す訳だから。雨だけに。
No.148 2007/05/15(Tue) 10:23[編集]

.oki[URL]
本人は笑わせてたつもりなのに、実際は笑われてたってパターンが一番辛いやね。

でも笑いって結局は誤魔化しの一手段だから、そればっかり、薬の力ばっかりに頼ってると後からじわじわしわ寄せが来るな。。とよく思ったりします。

雲行きが怪しくなるとすぐ笑いに持ってこうとするのは要注意だね。雨だけに。
No.149 2007/05/15(Tue) 11:54[編集]

ゆーさく[URL]
マジYouTubeはグッジョブ♪
ってか、どうかしたのか?大丈夫か?
No.152 2007/05/26(Sat) 01:16[編集]

.oki[URL]

いや、仕事とかで適当に笑いで誤魔化そうとすると、大概あとで痛い目見るっていうマーフィーの法則を最近ひしひし感じてるお年頃なのよ。

Youtube職人はすげー
てか今日マジで蒸し暑い
No.154 2007/05/26(Sat) 02:39[編集]

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。