モーホー見聞録
ごみ箱
インターネット
バックナンバー
ブックマーク
ブログ内検索


Created by AGJ.
Customized by LOCK☆MAN
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々に、名盤と呼べる良いアルバムに巡り逢えたなと思ったのでリコメンドしときます。


YMCK SONGBOOK-songs before 8bit-YMCK SONGBOOK-songs before 8bit-
(2008/09/24)
YMCK

商品詳細を見る


知ってる人にとっては常識、知らない人にとっては全く知る由も無いであろう、YMCKです。
Chiptune(要するにファミコン系ピコピコ音)のジャンルで大分活躍している3人組なんだぜ。

で、この作品は「ファミコン誕生以前の日本の名曲を、ファミコン音でカバー」というコンセプトで、
1.夢の中へ (井上陽水)
2.ぼくたちの失敗 (森田童子)
3.人間なんて (吉田拓郎)
4.傘がない (井上陽水)
5.春夏秋冬 (泉谷しげる)
6.満足できるかな (遠藤賢司)
7.言葉にできない (小田和正)
8.人生を語らず (吉田拓郎)
9.まるで正直者のように (友部正人)
の9曲をChiptune仕立てにアレンジしており、
僕なんかは既にこのラインナップだけで「ちょww選曲神www」と無条件に食い付かずにはおれんかったんじゃけどさ、

でも、なんつーか、、大体想像できるじゃん、多分あんな感じになるんだろーなー、ってのが。
で、実際聴いてみて、1曲目の"夢の中へ"やその次の"ぼくたちの失敗"なんかはまんま想像通りで、「ああ、成程こんな感じね」と思ったんだけど、

、、3曲目以降のアレンジが予想外過ぎて。
原曲が原型を全く留めていないというか、完全にYMCK色に染められた別の曲になっており、
しばらく開いた口を塞ぐこともできずに聴き入るしかありませんでした。

「往年のフォーク」と「ファミコン」という、何の新しさのかけらも無い筈の2つの要素から、
新し過ぎるとしか言いようが無い世界が広がっていく。こんなこともあるのですね。。

特に、"傘がない"なんかどうやってChiptuneにするんじゃろうと聴く前は謎でしょうがなかったのですが、
切な激しいメロディーに乗せて意外にもアップテンポで攻めていくあたり、目からウロコがkeep on droppingですよ。俺の中では完全にUAカバーを越えました。


ていうか、この"傘が無い"アレンジは相当ロックマンを意識してるなぁ、いわば「ロックマンインスパイア系」だなぁなんてなことを考えて一人でニヤニヤしていたのですが、
俺と同じことを考えて、しかも動画まで作ってしまったすげぇ人をさっきたまたまニコで見付けてしまい、本来はこのアルバムをレコメンドすることだけが本記事の目的だったのですが、急遽、恐縮ながらその動画を貼らせて頂こうと思います。

傘がない - YMCK feat. Rockman


YMCK本物もこの動画見て褒めたとか褒めてないとか、、すげーー

てか、そもそも、この"傘がない"アレンジ、斬新過ぎるじゃろ!?
こんな感じで吉田拓郎や小田和正なんかもバッサリ斬られてるので、興味あれば是非聴いてみて下さいな。TSUTAYAで借りれますんで。


それにしても、、まさか陽水とロックマンが繋がるとは思わんかったわー、、、
ほんま俺の人生、ロックマンに侵食され過ぎなんじゃけど、、ww 陽水までもが、、、



[おまけ] 元ネタの陽水。

傘がない - 井上陽水


ネ申


それにしてもこの動画の陽水、たまに山田拓美氏(二郎の総帥)と顔かぶるわー、、、ww


スポンサーサイト

No.162 2008/11/24(Mon) 07:21
きょうの雑感 | トラックバック:0 | コメント:0

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。