モーホー見聞録
ごみ箱
インターネット
バックナンバー
ブックマーク
ブログ内検索


Created by AGJ.
Customized by LOCK☆MAN
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、ようやく魂斗羅DSのハードモードを攻略。。
良かった、、何とかクリアできた、、もう駄目かと思った(´;ω;`)

無駄に暴露しますと、
リアルに1回悔し泣き(それまですげえ調子が良かったのに、ちょっとした気の緩みで一気に全滅したあの日の夜、あまりの自分の情けなさに)と、
嬉し泣き(クリアしてエンディングを見ている時)をしておりますwww
何とも痛い話ですが、それ程までにガチなゲームだったということをご理解頂ければ幸いです。

んで、強く感じていることとしてですね、2chなんかでも言われてるんですが、
魂斗羅は「プレイヤー本人がレベルを上げていく、リアルRPGだ」ということです。
つまり、ドラクエで言うと、LV1の主人公がいきなりバラモスに勝つのは100%無理な訳で、
時間かけて少しずつ経験を積み、強くなってから挑むのですが、
魂斗羅をやっているプレイヤーが正にその主人公そのもので、
最初は信じられないくらい難しいんだけど、やった分だけ確実に成長していって、
いつかは必ずクリアできるようになっているのです。
RPGでレベルが上がっていく感覚を疑似体験させてくれると言いますか。
努力と根性(これを業界では「斗魂」と呼びますw)の塵も積もれば山となる訳ですよ。

、、とまあ、たかがゲームに大マジになってしまったのはいささか大人げ無くはあるのですが、
しかし、この魂斗羅を通じて
・ やれば必ずできる
・ とにかく失敗から学べ
・ 「いつも通り」を確実にこなせ (←これ超重要)
・ ほとんどはのミスは己の慢心から生じる、常に全力で挑め

あたりの教訓を体で覚えた訳で、
これらを日常生活のどこかで活かしていければですね、
有意義なひとときであったんじゃないかと思う次第なのです。

単純に楽しいだけじゃなくて、同時に何かを学ぶことができるゲームを真の良作と呼ぶのであれば、
びっくりするくらい全く売れていないにせよww、間違いなく魂斗羅は良作でした。
一ヶ月間本当にお世話になりました。


さて、次は何をやろうかな、、?
こういう、シンプルかつ奥が深くて難しいゲームを発掘してはちょこちょこと嗜んで行きたいね。
ちなみに私、モンスターハンターを完全に食わず嫌いでスルーしているのですが、
いまや時代は完全にモンハンだったりすんのかな。

スポンサーサイト

No.127 2008/04/30(Wed) 07:21
未分類 | トラックバック:0 | コメント:7

[この記事へのコメント]
エロス雅[URL]
他にやってる人が近くにいればモンハンやろっかなって感じなのだが
どうよ?やってみるかいな!?
No.463 2008/05/01(Thu) 00:53[編集]

な、名前なんて教えて[URL]
えらいぞ。
沖。
沖ブログファンとしては、
沖の成長が何より楽しいのじゃよ。

がんばれ沖。
負けるな沖。
No.464 2008/05/01(Thu) 10:25[編集]

はやと[URL]
↑ね
No.465 2008/05/01(Thu) 10:26[編集]

taQma[URL]
おめでとー!
そう言えば子供のころは、ファミコンでよく泣いてた事を思い出したよ。
対戦系のゲームで、友達と絶好とかしょっちゅうだったもんなぁ。
No.466 2008/05/01(Thu) 15:03[編集]

管理人[URL]
>雅
PSPいるじゃろ?
6月のボーナスか何かのきっかけでもし買うことになったら、やってみたい!

>
謹んで前向きに受け止めます!

>はやとさん
↑押忍

>taQmaさん
アイスクライマーとかマリオブラザーズとか、喧嘩の火種になるゲームが多かったですよねー
「空気を読む」とか「接待プレイ」とか、子供には大変ですよww
No.467 2008/05/01(Thu) 19:12[編集]

エロス雅[URL]
PSPは相方が持ってるので
ソフトだけ用意すればいつでもいけるぜぃ☆
No.468 2008/05/01(Thu) 20:15[編集]

管理人[URL]
>雅
マジかよ、、
風向きが変わってきたぜ、、
モンハン買ったら連絡します
No.469 2008/05/01(Thu) 21:36[編集]

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。